Linuxのターミナルに出力される$の左側の色や文字列をカスタマイズする

WordPressとかLPICの勉強する時はCentOS。

Railsを使う時はUbuntu。

AWSのステージング環境としてAMI。

そんな感じで仮想マシンを何個も動かしたい時が、私たちにはあります。

そうなるとアンポンタンな私の脳みそは、どのターミナルがどのVMを操作しているのか分からなくなります。

パッと見て判断できたらなぁと思い、各VM毎にプロンプトを設定することにしました。

プロンプト(Prompt)
ターミナルで$とか#の左側に出力される部分

 

プロンプトの変更方法

いくつか方法はあるみたいですが、一番楽だなと感じたのは.bash_profileを編集する方法です。

.bash_profileは各ユーザーのホームディレクトリにあり、ユーザー毎に設定できるため、他のユーザーに影響を与えないのが良いです。

設定方法は簡単。vimなどで.bash_profileを開き(ない場合は作る)、PS1=hogehogeと記入するだけ。

bashはPS1~PS4の4種類の環境変数を持っているのですが、PS1は最も優先して読み込まれる変数になります。

 

.bash_profileに記入

次のようなコードを.bash_profileに記入します。

PS1_COLOR_BEGIN="\[\e[1;31m\]"
PS1_COLOR_END="\[\e[m\]"
PS1_HOST_NAME="MyUbuntu"
export PS1="${PS1_COLOR_BEGIN}[\u@\${PS1_HOST_NAME} \W]${PS1_COLOR_END}\\$ "

保存したら再度SSHしなおすか、sourceコマンドで.bash_profileを読み込むと設定が反映されます。

 

色の変更について

[\e[1;31m]

↑この部分で色や文字の装飾を設定しています。

[\e[X;YZm]

#X = 0, 1, or 4 : 色の濃さやアンダーラインの有無を指定
#Y = 3 or 4 : 3なら通常の文字色、4なら背景色を指定
#Z = 0 ~ 7 : 色を指定

色はm直前の数字で指定でき、8種類の色が選べます。
0m # Black
1m # Red
2m # Green
3m # Yellow
4m # Blue
5m # Purple
6m # Cyan
7m # White

 

まとめ

これでみやすくなりますね!やったね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください