VirtualBoxでUbuntuを快適に使うための設定

こんにちは、Web系エンジニアのHodaです。

エンジニアにとっての開発環境はほとんどの場合VagrantやDockerで事足りると思いますが、機械学習で画像解析をしたり、GUIが必要な場面が稀にあります。

私もとある所属会社の課題で画像処理を行うことになりましたので、GUIで操作できる環境をVirtualBoxで用意しました。

VirtualBoxは初期設定のままだと重くてとても使いにくいのですが、少しでも快適に動作するようにセットアップ手順をまとめたのでご紹介します。

事前準備

VirtualBoxのインストール

VirtualBoxのホームページから、使用しているOSに対応したパッケージをダウンロードし、インストールします。

VIrtualBoxの公式ページ

 

OSイメージのダウンロード

使いたいOSのイメージファイルをダウンロードしておきます。ちなみにこの記事ではUbuntuを利用しています。

Ubuntuイメージの公式ページの画像

 

VMの作成

準備ができたらVMを作成します。VirtualBoxを開いて新規作成をクリック→Expert Modeをクリック

VirtualBoxでVMの新規作成1

 

Create a virtual hard disk nowにチェックを入れてCreate

VirtualBoxでVMの新規作成2

 

VDIFixed sizeにチェックを入れてCreate。ストレージサイズをFixed(固定)することで負荷を減らせます。

VirtualBoxでVMの新規作成3

 

VirtualBoxの初期設定

そのままの設定だと重くてつらいため、軽くなるようにチューニングします。

デバイスとチップセットの設定

VMを選択してSettings

VirtualBoxでVMの動作が軽くなるようにチューニング1

 

SystemMotherboardと進み、Floppyは不要なのでチェックを外します。さらにチップセットはICH9を選択します。PIIX3は古いチップセットで、新しいOSではサポートしていないようです。

VirtualBoxでVMの動作が軽くなるようにチューニング2

 

準仮想化の設定

続いてAccelerationタブを開き、Paravirtualization Interfaceで準仮想化の設定をします。たくさん項目があってどれを選べばいいのかわからなくなりますが、公式ページのドキュメントによると、大きく次の3つを知って入れば大丈夫です。

  • Minimal… __MacOSX__を使う場合に必須
  • KVM… __Linux__を使う場合に推奨
  • Hyper-V… __Windows__を使う場合に推奨

今回はUbuntuを使うので、KVMを選択しています。↓

VirtualBoxでVMの動作が軽くなるようにチューニング5

 

ディスプレイの設定

次はDisplayの設定をします。モニターの数を一度8にしてから、VMに割り当てるVideoメモリを最大値にします。また、Enable 3d Accelerationにチェックを入れます。さらにWindowsの場合はEnable 2d Video Accelerationにもチェックを入れます。

VirtualBoxでVMの動作が軽くなるようにチューニング3

 

再度同じ設定タブを開き、モニター数を1にして保存します。

VirtualBoxでVMの動作が軽くなるようにチューニング4

 

 

フォルダの共有設定

ホスト側のファイルをVMへ移動させたり、VMで作成したファイルをホスト側のエディターで開いたりできたらとっても素敵なので、フォルダの共有設定をします。

Shared Folders→フォルダのアイコンをクリックし、共有したいフォルダのパスをフォルダ名を指定します。また、Auto-mountにチェックを入れて、VM起動時に自動的に共有されるようにします。

ホストとVirtualBoxのゲスト間でフォルダを共有する設定

 

クリップボードの共有設定

ホスト側でコピーした文字列を、VM側へペタッと貼り付けられるようにします。

GeneralAdvancedを開き、クリップボードとドラッグ&ドロップを双方向に設定します。

ホストとVirtualBoxのゲスト間でクリップボードを共有する設定

 

VMの起動とOSのインストール

セットアップがほぼ完了したので、作成したVMを起動し、OSをインストールします。

Strage→Controller: IDEのEmpty→ディスクアイコンを順にクリックし、あらかじめダウンロードしておいたOSのイメージファイルを選択して保存します。

VMにOSイメージをマウント

 

VMを選択し、起動ボタンをクリックします。起動するとUbuntuの導入画面が開くので、指示に従っていい感じにインストールします。

VMの起動

 

Guest Additionsのインストール

OSのセットアップが済んだらGuest Additionsをインストールします。Guest Additionsはゲスト側OSのパフォーマンスを改善するためのデバイスドライバとアプリケーションが入っていて、便利に使うために必須です。ホストとゲスト間でのフォルダ共有も、これをインストールしないと機能しません。

Guest Additonsのインストールは、Macの場合だとツールバーのDevicesInsert Guest Additions CD image…から行います。

Guest Additionsのインストール

 

ポップアップが開くので、Runを押してインストールを進め、完了したら再起動します。

Guest Additionsのインストール2

 

トラブルシューティング

アップデートしたらGUI画面にならずCLI画面になってしまうよ!助けて!

Ubuntuをアップデートし、guest additionsをインストール後、再起動するとGUI画面に入れないという問題が私の環境では発生しました。VirtualBox本体のバージョンとguest additionsのバージョンが一致していない場合に起きるようです。この問題はVirtualBoxのバージョンをアップデートし、guest additionsのバージョンと一致させると解決します。(VMは再作成する必要があります)

 

まとめ

これで多少まともに動くようになります。やったね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください