個人的によく使用するVagrantのコマンドまとめ

仮想マシンの削除やクローンの作成など、環境構築支援ソフトVagrantでよく使うコマンドをまとめます。

 

初期化

$ vagrant init AAA

#AAAはボックスの名前
#bentoのCentOS7.3なら下記のようにする
#https://atlas.hashicorp.com/bento

$ vagrant init bento/centos-7.3

 

仮想マシンの起動・停止・再起動

$ vagrant up #起動
$ vagrant halt #停止
$ vagrant reload #再起動

 

Boxのリスト一覧表示・削除

$ vagrant box list #ボックスのリストを表示
$ vagrant box remove XXX #ボックスの削除。XXXはボックス名。

 

仮想マシンのクローン・削除

対象の仮装マシンのディレクトリへ移動してから実行する。

$ vagrant package #仮想マシンをパッケージ化(クローン)する。
$ vagrant destroy #文字通りデストローイする。

 

仮想マシンの追加

パッケージ化した仮想マシンを新たに追加したい時などに行う。

ディレクトリをあらかじめ作成しておき、そのディレクトリへ移動してから実行する。

パッケージも同じディレクトリ内へ入れておくと、作業しやすい。

下記、追加したいディレクトリと、同じ場所にパッケージを置いた状態の場合。

$ vagrant box add AAA ./BBB.box

#AAAは仮想マシンの名前、好きにつける
#BBBは追加したい仮想マシンのパッケージ名

$ vagrant init AAA
$ vagrant up

#これでクローン作成完了

 

異なるディレクトリ下にパッケージを置いた場合、後半の「./BBB.box」の部分に適当なパスを入れる。

追加したら、あとは初期化してvagrant upするだけ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください