Terraformのバージョンを0.12から0.13にアップグレード

0.13がリリースされてからそろそろ安定してきたことと、moduleのdepends on など便利な機能が0.13系で実装されたため、先を見越してバージョンをあげることになりました。

Terraformのメジャーバージョンの更新は破壊的な部分があると聞いていたので、少し慎重に情報を調べ、tfstateなどのバックアップをとってから行いました。

更新手順

PCにインストールしているTerraformのバージョンを0.13系に上げてから、次のような流れで更新を進めました。ちなみに私はterraformのバージョンをtfenvで管理しています。

  1. 公式ドキュメントリリースノートのチェック
  2. tfstateのバックアップ
  3. tettaform init実行
  4. terraform 0.13upgrade実行
  5. terraform plan実行
  6. terraform apply実行
  7. 試しにS3のバケット作成

terraform 0.13upgradeを実行すると既存のtfファイルが最新のものに更新されるようです。弊チームのterraformはversions.tfファイルのみの更新でした。

まとめ

今回はスムーズにアップグレードできましたが、リリースノートなど調べて慎重に進めたので多少安心感がありました。

インフラ関連は__石橋を叩いて渡る__ぐらいがちょうど良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください