LAMPを利用してローカル環境にWordPressをインストールする作戦

バージョンアップやデザインを変更したときは、予期せぬ不具合が起こり得ます。

なのでいきなり本番で試さず、自分のPC内に用意した環境で試験してから本番実装すると安心です( ・`д・´)b

WordPressのテーマを自作する場合も、ローカル環境ならAtomを使ってサクサクコーディングできるし、出来栄えの確認も一瞬。

というわけで、WordPressをローカル環境で使えるように手順を整理します。

前提条件

LAMPの利用が前提です!

  • 仮想マシンを構築済み
  • Apacheインストール済み
  • MySQLインストール済み
  • PHPインストール済み

LAMPがまだ構築できていない場合はこちらの記事をどうぞ。

初心者がプログラミングを勉強するためのLAMP環境構築手順まとめ

 

WordPressのダウンロード

VagrantとVirtualBoxで仮想マシンを作成してあることを前提に話を進めます。

WordPressの最新版をダウンロードして解凍。共有フォルダに置きます。

WordPress最新版のダウンロードはこちら

 

ここでいう共有フォルダというのは、「Vagrantfile」が置かれているフォルダのことです。

 

パーミッション設定

適切なパーミッションの設定をしないとWordPressなんかは結構面倒なことになります。

というわけでWordPressのファイルを配置したディレクトリのパーミッション設定をします。

 

仮想マシンが起動している場合は一旦シャットダウンします。

$ vagrant halt

 

Vagrantfileを開いて、共有フォルダのパーミッション設定を追加して保存。

 config.vm.synced_folder "./", "/vagrant",
 :mount_options => ["dmode=777,fmode=777"]

 

ここでは共有フォルダのため777(全てのユーザーとグループに編集権限を与えている)に設定してますが、本番ではApacheのみ許可するような設定にします。

 

設定を終えたら仮想マシンを起動してsshします。

 

シンボリックリンクを貼る

仮想マシンにもぐって、共有フォルダ内のファイルをブラウザから閲覧できるよう、/var/www/htmlフォルダにシンボリックリンクを貼ります。

$ sudo rm -rf /var/www/html #一旦中身を削除
$ sudo ln -fs /vagrant /var/www/html #シンボリックリンクを貼る

 

これで共有フォルダに置いたPHPファイルがブラウザで閲覧できるようになります。

 

WordPress用のデータベースとユーザーを作成

WordPressのデータベースを設定します。

MySQLへログイン

$ mysql -u root -p

 

下記SQLコマンドでデータベースとユーザーを作成。

/*wpdbという名前でデータベースを作成*/
mysql> CREATE DATABASE wpdb;

/*hogeというユーザー名を作成し、wpdbへの編集権限を与える。*/
mysql> GRANT ALL ON wpdb.* TO hoge@localhost IDENTIFIED BY 'hogehogepassword';

/*最新の状態へ更新*/
FLUSH PRIVILEGES;

設定後、exit -> EnterでMySQLからログアウト。

 

作成したユーザーで再度ログインし、作成したデータベースにアクセスできるか確認します。

$ mysql -u hoge -p
/*利用できるデータベースの一覧を確認。wpdbが表示されればOK。*/
mysql> show databases;

/*wpdbを使用する。「Database changed」と表示されればOK。*/
mysql> use wpdb;

 

WordPressのセットアップ

後一息( ̄‥ ̄)=3 フン

ブラウザで下記URLを叩いてWordPressのセットアップをします。

http://192.168.33.10/wordpress

さぁ始めましょう\(^o^)/

 

 

データベース名、ユーザー名、パスワードに、先ほど作成した値を入力。

データベースのホスト名は「localhost」。

テーブル接頭辞は適当で良い。

 

 

インストール実行

 

 

必要な情報を入力してインストールします。

 

 

ログインします。

 

 

できました。

まとめ

これでWordPressのテーマをいじり放題です!やったね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください