SMTPを使ってAmazonSESのメールをGmailで送信できるようにする

AmazonSESを使って独自ドメインのメールアドレスで送受信できるようになりましたが、GmailやHotmailなどの使いなれたメーラーで活用できればもっと楽チンですよね。

SESではSMTPが利用できるので、メーラーからの送信は簡単です。GmailとWordPressで試したので結果をまとめます。

SMTPとは

Simple Mail Transfer Protocolの略。e-mailの送受信に使われるTCP/IPプロトコルです。しかし受信の能力が限定的なので、受信機能はPOP3やIMAPが代わりに行うのが主流です。

  • メール送信で使われるプロトコル…SMTP
  • メール受信で使われるプロトコル…POP3, IMAP

S3でメールを受け取れるように設定

あらかじめSESとRoute53の設定を済ませ、S3でメールを受信できるように設定しておく必要があります。

AmazonSESを使って無料で独自ドメインのメールを送受信する

 

SMTP用のクレデンシャル情報を取得

S3でメールを受信できる状態になったら、Amazon SESの設定画面から、SMTP用のIDとアクセスキーを発行します。合わせてServer NamePort番号をメモします。

SESの設定画面からSMTPのアクセスキーを取得

Gmailの設定

Gamilのアカウント作成

まずドメインと紐づけるためのGmailアカウントを作成します。既存のアカウントを利用する場合は不要です。

メールアドレスの追加

Gmailの歯車アイコンからSettings > Accounts and Import > Add another email addressをクリックします。

SESで独自ドメインのメールをgmailで送信するための設定の説明画像

 

下図のようなポップアップが開くので、メールアドレスと適当な名前を入力して次へ進みます。

SESで独自ドメインのメールをgmailで送信するための設定の説明画像2

 

Amazon SESのコンソール画面でメモしたSMTPサーバー、SMTPのアクセスIDとアクセスキーを入力します。

Username > ID
Password > アクセスキー

SESで独自ドメインのメールをgmailで送信するための設定の説明画像3

 

すると認証用のメールが届くので、開いてConfirmation codeをコピぺしてverifyボタンをクリックします。下図はS3へ送信された認証メールの中身です。

SESで独自ドメインのメールをgmailで送信するための設定の説明画像4

aws workmailをgmailで送受信するための設定の説明画像4

メールの送信テスト

Gmailでメールを新規作成すると、From欄で送信元のアドレスを選択できます。追加したメールアドレスを選んで、正しく送信されるか確認します。

Gamilで独自ドメインのメールアドレスで送信できるかテスト

WordPressの設定

WordPressでもSMTPで独自ドメインのメールを送信できます。Contact Form 7などのお問い合わせフォームからのお知らせメールはなりすましを防ぐため、メールアドレスのドメインとブログのドメインを同じにすることが推奨されています。

今回はWP Mail SMTPという便利なプラグインがあるのでそれを利用しました。

WP Mail SMTPの設定

WP Mail SMTPプラグインのインストール後、設定画面で、Amazon SESで設定した送信元アドレスを入力します。

送信者名にはわかりやすい適当な名前を入れ、メーラーはその他のSMTPを選択します。

wp-mail-smtpの設定

 

SMTPホストにはSESで使用しているSMTPのサーバー名を、SMTPポートには25, 465, 587のいずれかを入力。SMTP UsernameSMTP PasswordにSESのクレデンシャル情報を入力して保存します。

wp-mail-smtpの設定

 

これでWordPressからの通知をSMTPで送信できます。

 

まとめ

Amazon SESを送信元として、GmailとWordPressからメールを送信できるようになりました。やったね!あとはS3で受信しているメールをGmailで受け取れるようにしなきゃです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください