フリーランスになったら独自ドメインのメアドが欲しいなぁと思っていたので、WorkMailで一つ作成しました。

WorkMailはAmazonのWebサービスの一つで、独自ドメインのメールアドレスを作成し、下図のようなGUIのアプリでメールを送受信できるようになります。

AWS WorkMailのGUI画像

 

わかりやすくて見た目も綺麗なのですが、スマホで使いづらいと言う問題があります。

なんとかならないかなぁと思い、Gmailで送受信できるように設定できたので、その方法をまとめます。

 

Gmailアカウントの作成

WorkMailのメールをGmailで送信できるようにするには、SMTPサーバーの設定をGmailアカウントに紐づける必要があります。

なので、まず適当な名前でGmailアカウントを一つ作成します。

 

Gmailアカウントで送信できるようにするための設定

Gmailのアカウントを作ったら、Send mail as: の項にWorkMailのメールアドレスを追加します。

  1. Gmailの歯車アイコンをクリック
  2. Settingをクリック
  3. Accounts and Importタブを開き
  4. Send mails as:の項目にあるAdd another email addressをクリック

aws workmailをgmailで送受信するための設定の説明画像

 

次のようなウィンドウが開くので、 Nameにメールの表示名Email address欄にWorkMailのアドレス を入力します。

aws workmailをgmailで送受信するための設定の説明画像2

 

次はSMTPサーバーの設定をします。

  • SMTP Sercer:この3つのうちのどれか
    – us-west-2(smtp.mail.us-west-2.awsapps.com)
    – us-east-1(smtp.mail.us-east-1.awsapps.com)
    – eu-west-1(smtp.mail.eu-west-1.awsapps.com)
  • Username
    – WorkMailのメールアドレス
  • Password
    – WorkMailのパスワード

ポートは465を指定します。

aws workmailをgmailで送受信するための設定の説明画像3

 

うまくいくと下図のような画面に遷移し、確認メールがWorkMailのアドレス宛に送信されます。

WorkMailを開き、メールに記載されている確認コードを入力するか、メールのリンクを踏んで確認作業を行います。

aws workmailをgmailで送受信するための設定の説明画像4

 

成功するとSend mail as: の項目にWorkMailのアドレスが追加されます。

aws workmailをgmailで送受信するための設定の説明画像5

 

メール送信時にデフォルトで使うアドレスの変更

Gmailアカウントのメールアドレスがデフォルトで使用されるので、それをWorkMailのアドレスになるよう、下図のように修正します。

aws workmailをgmailで送受信するための設定の説明画像6

 

メール送信の動作確認

メールを新規作成すると、 from 欄にGmailとWorkMailが選択できるようになります。

aws workmailをgmailで送受信するための設定の説明画像7

WorkMailとGmail両方に送ってみましたが、無事うまく行きました。

 

Gmailアカウントで受信できるようにするための設定

次はGmailでWorkMailのメールを受け取れるようにします。

方法としては次の2つのやり方があります。

  1. WorkMailで受け取ったメールをGmailのアドレスへ転送させる
  2. WorkMailで受け取ったメールをGmailのアドレスへリダイレクトさせる

転送の場合は返信の際に件名と宛先を修正する必要になるので、私はリダイレクトさせる方法をとりました。

以下、リダイレクトの設定方法をまとめます。

 

リダイレクトを行うためのポリシー設定追加

リダイレクトを行うためには、SESに対するアクションポリシーを追加する必要があります。

まずAmazon SESのコンソール画面を開き、 Domains をクリックします。

Amazon WorkMailを別のメアドへリダイレクトさせるための設定方法1

 

対象のメアドのドメインをクリックします。

Amazon WorkMailを別のメアドへリダイレクトさせるための設定方法2

 

Identity Policies の項目を開き、対象のポリシーを探して Edit Policy をクリックします。

Amazon WorkMailを別のメアドへリダイレクトさせるための設定方法3

 

下記のSESに対するアクションポリシーを追加します。


"Action": [ "ses:*", "ses:SendBounce", "ses:SendRawEmail" ]

Amazon WorkMailを別のメアドへリダイレクトさせるための設定方法4

 

リダイレクトするためのルールの追加

次はリダイレクトするためのルールをWorkMailに追加します。

WorkMailを開き、

  1. 歯車アイコンをクリック
  2. Email Ruleをクリック
  3. Newボタンをクリック

します。

Amazon WorkMailを別のメアドへリダイレクトさせるための設定方法5

 

次のようにルールを設定して保存します。

4.「has my name in the To box」を選択

5.「Redirect the message to …」を選択

Amazon WorkMailを別のメアドへリダイレクトさせるための設定方法6

 

これでWorkMailアドレス宛のメールがGmailのアカウントへリダイレクトされます。

 

まとめ

AWS WorkMailをGmailで送受信するための設定方法をまとめました。

これでWorkMailのメールをスマホ管理しやすくなります!やったね!

 

参考リンク:

  • [Edit Domain Identity Policies](https://docs.aws.amazon.com/workmail/latest/adminguide/editing_domains.html)
  • [Connect to Your IMAP Client Application](https://docs.aws.amazon.com/workmail/latest/userguide/using_IMAP_client.html)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*