netstat -i の各表示の意味まとめ

ヴァアアNWの勉強はツライィイい!!

yak shavingが終わらなイィいいいい!!!

netstat -iコマンドについてまとめます。

netstat -iとは

netstatはネットワークの状態に関する情報を表示するコマンドです。

「-i」オプションを使用するとネットワークインターフェースの状態を表示してくれます。

実際の表示はこんな感じ。

 

 

以下は「netstat -i」コマンドの表示項目です。
・Iface ネットワークインタフェース名
・MTU MTU値
・Met メトリック数
・RX-OK 正常に受信したパケット数
・RX-ERR 受信時にエラーとなったパケット数
・RX-DRP 受信時に破棄したパケット数
・RX-OVR 受信時にオーバーロードとなったパケット数
・TX-OK 正常に送信したパケット数
・TX-ERR 送信時にエラーとなったパケット数
・TX-DRP 送信時に破棄したパケット数
・TX-OVR 送信時にオーバーロードとなったパケット数
・Flg フラグ

 

RはReceptionとかRecieveとかの略

TはTransportationとかTransmitの略

 

MTUってなに?

Metってなに?

 

ヴァー

終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください