Amazon Lightsailへ引っ越した

EC2での運用が大変だったため、重い腰を上げやっとAmazon Lightsailへ移行しました。

移動の手順

  1. Lightsailのアカウントを発行し、インスタンスを作成。
  2. インスタンスにElasticIPを付与してグローバルIPを固定。
  3. Firewallの設定。
    – 443と80、それからssh接続用のポートを設定。
  4. sshキーをダウンロードし、手元のPCからインスタンスへsshできるように設定。
  5. インスタンスへsshし、諸々必要な設定を開始。
    – aws configure
    – ブログバックアップ用のスクリプト設置
    – マカレルの導入
    – gitの導入
    などなど。
  6. DBとWordPressのバックアップからブログを復元。
  7. 動作確認。
    – 設定したElasticIPでアクセスできるように、DBのwp_optionsテーブルのsite_urlとhomeを一時的に修正。
  8. s3の設定
    – これまでIAMロールでs3とのアクセス許可を制御していたが、LightsailでIAMロールをアタッチする方法がわからなかったため、アクセスキーでの制御に変更。
    – vpcのエンドポイントもアタッチできなかったため、s3との通信が外部を通るようになってしまった(AWSのネットワーク内で閉じてない状態)。
  9. Aレコードの向き先を旧環境のIPから移行先のIPへ変更。
    – route53のDNSゾーンで管理していたのをそのまま使うので、AレコードのIPだけ切り替えた。
  10. 完了。

残タスク

  • マカレルのエージェントが起動しないのでなんとかする。
  • 管理側画面にて、とある操作に問題が生じているため修正する。

まとめ

これで運用コストが少し節約できます。やったね!

Lightsailは一時的なホスティングで、最終的にはブログそのものを静的サイトジェネレータで置き換える予定です。

Lightsailはアカウントを発行してから3ヶ月間無料なので、それまでにリプレイスを完了させたいお気持ち。

コメントを残す

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.