WindowsPCの「無変換」「変換」キーをMacの「英数」「かな」に、ついでに「caps lock」を「ctrl」に変更

次のプロジェクトが無事決まりましたが、貸与PCがWindows10とのことでした。そこで久しぶりにWindows10で環境構築をしていたのですが、長らくMacbookを使ってきたので体がWindowsのキーに対応してくれません!

特に半角英数字とかなの変換が辛いので、「無変換」をMacの「英数」に、「変換」を「かな」になるよう修正します。あと「caps lock」はいらないので「ctrl」キーにします。

「変換」「無変換」キーの変更

「無変換」を「英数」に、「変換」を「かな」にします。

まずこちらからGoogle日本語入力をダウンロードし、インストール。

その後Microsoft IMEから「Google日本語入力」に変更。

Google日本語入力のインストールと設定

「A」または「あ」の箇所を右クリック→プロパティをクリック

Google日本語入力のインストールと設定2

キー設定の「編集」をクリック

Google日本語入力のインストールと設定3

入力キーが「Henkan」となっている箇所をすべて「IMEを有効化」に、「Muhenkan」を「IMEを無効化」に設定します。

変更したら「OK」→「適用」とクリックし、設定完了です。

「caps lock」の変更

caps lockをctrlに変更します。

適当な場所にtxtファイルを作成して下記をコピぺし保存

Windows Registry Editor Version 5.00


[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layout]
"Scancode Map"=hex:00,00,00,00,00,00,00,00,02,00,00,00,1d,00,3a,00,00,00,00,00

Windows Registry Editor Version 5.00の次の行は一つ空けます。

保存後、拡張子をtxtからregに変更しダブルクリック。

適用した後再起動すれば設定が反映されます。

まとめ

ひさびさのWindowsは大変ですが弘法筆を選ばずと申しまして、道具に左右されない、つよつよエンジニアになりたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください