Nginx:AlpineへCertbotをインストール

SSL/TLS証明書の管理をどうするか検討していました。Legoやhttps-portalなど試した結果、なんだかんだでCertbotが一番使い易いので、これを使うことにします。

で、Certbot用のコンテナを用意することも考えていましたが、一気に難易度があがって管理もしづらくなるため、nginx:alpineのコンテナにインストールして使うことにしました。

Alpine Linuxへのインストール

alpineをアップデートした後にapk addするだけでいけます。

apk --update upgrade
apk add certbot

Dockerfile

手動でインストールするのは面倒なのでDockerfileを書きました。

FROM nginx:1.15-alpine
RUN apk --update upgrade \
    && apk add --no-cache --no-progress certbot

–no-cacheでインストール時のキャッシュを残さずパッケージをインストールできます。–no-progressはインストール時にプログレスバーを非表示にするオプション。

まとめ

MySQLのバージョンアップ検証やAmazon Linux2の設定も完了したし、これでマイグレーションの準備は整ったかな。ぼちぼち決行します╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください