HUGOのコンフィグを環境ごとに用意する

HUGOのコンフィグを環境ごとに使い分ける方法のメモです。

HUGOは環境変数をconfig.tomlやconfig.ymlに記述しますが、devやstg、prdという具合に環境ごとにコンフィグを用意したい場合は下記のようなディレクトリ構成にします。

.
~
├── config
│   ├── _default
│   │   ├── config.toml
│   │   └── params.toml
│   ├── development
│   │   ├── config.toml
│   │   └── params.toml
│   └── production
│       ├── config.toml
│       └── params.toml
~
└── themes

↓hugoサーバー起動時に--environmentというオプションをつけて環境を指定します。

hugo server --environment="development"

すると、その環境名のディレクトリ内にあるコンフィグで_defaultのコンフィグを上書きしてくれます。

_defaultにあるコンフィグはどの環境でも必ず呼ばれるため、共通で利用する値を設定すると良いかなと。

参考URL: https://gohugo.io/getting-started/configuration/#configuration-directory

コメントを残す

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.