git rebaseの手順を忘れるのでメモ

チーム開発をしていると同じブランチから派生したブランチのプルリクが複数発生することがあります。

同じファイルを修正していた場合はコンフリクトを事前に解消した上でマージする必要があるので、リベースします。

リベースの素晴らしさについては↓こちらの記事を参照のこと。

https://git-scm.com/book/en/v2/Git-Branching-Rebasing

git rebaseの手順

ベースとなるブランチを最新の状態にして、git rebaseをします。

git switch {ベースブランチ}
git pull origin {ベースブランチ}
git switch {作業ブランチ}
git rebase {ベースブランチ}

コンフリクトがなければここでリベース完了。

コンフリクトがあれば、解消した上で下記を実行。

git add {コンフリクト解消したファイルを指定}
git rebase --continue
git commit

まとめ

これでとりあえずリベースは大丈夫ですね。やったぜ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください