WordPressを動かすのに必要なPHPと関連モジュールのインストール

電波系アンドロイドPHPちゃんPHPは可愛い電波系アンドロイドの女の子です。

 

「いったい何を言っているんだ…」と思うかもしれません。

 

そんなあなたには「走れ!コード学園」がおすすめ。

ヒャッハー!転入生PHPは電波系アンドロイド!?──はしれ!コード学園【第9回】

 

PHPはJAVA、Rubyに次いで広く使われているオブジェクト指向型の言語です。

Web系の開発ですごく人気があるんですよ。

WordPressにも使われているので、私の中ではアフィリエイトやブログを書いている層に大人気な印象。

この記事ではCentOSにPHPをインストールする手順をまとめます。

 

主要なパッケージのバージョン確認

下記コマンドで、インストールできるパッケージのリストとバージョンを確認します。

yum list php*

phpのインストール

 

CentOSのyumパッケージは化石のような古いバージョンのPHPしかない(´・ω・)

これはよくないので、最新バージョンのPHPを導入できるようにRPMパッケージをインストールします。

参考URL:

https://webtatic.com/

 

CentOS7用、PHP7.1のRPMパッケージのインストール

$ sudo rpm -Uvh https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-7.noarch.rpm
$ sudo rpm -Uvh https://mirror.webtatic.com/yum/el7/webtatic-release.rpm

これでyumコマンドを使ってPHP7系のインストールができるようになります╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !"

 

PHPの7.1と必要な拡張モジュールのインストール

WordPressをドライブするのに最低限必要なモジュールをインストールします。

$ sudo yum install php71w php71w-mysql php71w-gd php71w-mbstring php71w-opcache php71w-xml

php71w : PHP本体

php71w-mysqli : MySQLと連携するためのモジュール。

php71w-gd : 画像変換モジュール。

php71w-mbstring : マルチバイト文字(日本語)を利用するためのモジュール

php71w-opcache : なにやら高速化してくれるモジュール

php71w-xml : WordPressのバックアップデータ(xmlデータ)を取り扱う時に必要

 

PHPのインストール後はApacheを再起動しておきます。

$ sudo systemctl restart httpd

 

PHPの動作確認

/var/www/htmlディレクトリに確認用のファイルを作成します。

作成するために、下記コマンドでVimをインストール。

$ sudo yum install vim

 

Vimを導入後、下記コマンドで確認用のファイルを作成。

$ vim /var/www/html/info.php

 

Vimで空っぽのファイルが開くので、下記1行を追加して保存。

<?php phpinfo(); ?>

 

Vimの使い方はCheat sheetをみて覚えます。

ブラウザからhttp://192.168.33.10/info.phpへアクセスすると下のような画面が表示されます。

phpの動作確認

繋がらない場合はApacheが起動しているか、info.phpのファイルの中身が正しいか確認してください。

確認できたら、info.phpは不要なので下記コマンドで削除します。

rm /var/www/html/info.php

まとめ

最新のPHPをインストールできました!やったね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください