WordPressはMySQLに記事やカテゴリー、ユーザーの情報を格納します。

「なんでこんなもんが必要なんだよめんどくさい(´・ω・)」

と最初は思っていましたが、これが無いとWordPressは使えないので頑張ってインストールします。

ちなみに、MariaDBでもWordPressは使えますが、バックアップデータを移行するときに面倒なことになったのでやめといたほうが無難です。独力でトラブルシューティングできる人向けですね。

 

MariaDBの削除

MariaDBが既に存在すると競合して使えないので、下記コマンドでMariaDB本体とデータを削除します。

$ sudo yum remove mariadb-libs
$ sudo rm -rf /var/lib/mysql/

 

MySQLのインストール

下記MySQLのページへ飛んで、RPMパッケージの最新版を確認。()内の文字列をメモ。

https://dev.mysql.com/downloads/repo/yum/

 

下記コマンドでRPMパッケージをダウンロード。

$ wget https://dev.mysql.com/get/mysql57-community-release-el7-9.noarch.rpm

 

下記コマンドでRPMパッケージをインストール。これでyumリポジトリにMySQLが追加されます。

$ sudo rpm -ivh mysql57-community-release-el7-9.noarch.rpm

 

最後にyumコマンドでMySQLをインストールします。

$ sudo yum install mysql-server

 

MySQLの起動

$ sudo systemctl start mysqld

 

MySQLの動作状況を確認

$ systemctl status mysqld

 

MySQLの初期設定

パスワードの設定をしてMySQLを使えるようにします。

まずMySQLのログから一時パスワードを確認。

$ sudo grep 'temporary password' /var/log/mysqld.log

上記コマンドの出力結果が下の画像。

この場合、一番右の「!4MV70g3zeg=」が一時パスワードなのでメモ。

次に下記コマンドで最初のセットアップ。

$ sudo mysql_secure_installation

すぐにパスワードが聞かれるので、先ほどの一時パスワードを入力。

その後新しいパスワードを入力。

さらにそのあとなんか色々聞かれるけれど、とりあえず「y」押してEnter。

終わったら、下記コマンドでMySQLにログインできます。

$ mysql -u root -p

パスワードは先に設定したものを入力します。

 

まとめ

MySQLが使えるようになりました。やったね!

 

参考URL:

https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-install-mysql-on-centos-7

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*