ApacheはWebサーバーソフトウェアです。

PCにWebサーバーとしての機能を持たせてくれます。

これを導入することで、仮想マシンが仮想サーバーといえる状態になります。

ここではApacheのインストール手順をまとめました。

少しでも使いやすくなるよう、必要な設定も済ませます。

 

提供されているApacheのバージョン確認

仮想マシンを起動してsshします。

ssh後、提供されているApacheの情報を下記コマンドにて確認します。

$ yum info httpd

 

インストール可能なバージョンや容量の確認ができました。

インストールできるApacheのバージョン確認

 

Apacheのインストール

「ふーん、バージョンは○○○か~」

という感じで情報を確認できたら、次は下記コマンドでApacheをインストールします。

$ sudo yum -y install httpd

インストールはroot権限でないと使用できないので、管理ユーザー以外でログインしている場合はyumの前に「sudo」コマンドを入れて実行します。

 

completeと表示されれば無事終了です。

yumコマンドでApacheをインストール

 

Apacheの起動・停止・確認

Apacheの起動と状態確認、および停止と再起動を下記コマンドで行います。

状態確認以外はroot権限のパスワードを要求されます。

vagrantで作成したマシンは、そのまま「vagrant」と入力すればOKです。

パスワードの入力は面倒なので、sudoコマンドで実行すると良いでしょう。

 

Apacheの起動:

$ systemctl start httpd.service

 

Apacheの状態確認:

$ systemctl status httpd.service

Active(running)なら動作中、inactive(dead)なら停止中という意味。

 

Apacheの停止:

$ systemctl stop httpd.service

 

Apacheの再起動

$ systemctl restart httpd.service

 

再起動コマンドはApacheやPHPの設定を変更したあと、その設定を有効にするときなどに使用します。

 

仮想マシンが起動したときにApacheを自動起動させる

初期状態ではApacheを手動で起動しないといけませんが、それはとても面倒(´・ω・)

なので、仮想マシンのONと同時にApacheも起動するように設定します。

下記コマンドで設定完了です。

$ sudo systemctl enable httpd.service

 

これで次回以降は勝手にApacheが起動してくれます。やったね!

 

Apacheの「ようこそ」的なページにアクセスしてみる

http://<サーバマシンのIPアドレス>/にアクセスすると、Testing 123…という画面が表示されるので、確認します。

サーバマシンのIPアドレスはVagrantfileで設定した値です。

 

例:

http://192.168.33.10/

 

無事表示されたらApacheが正常に稼働している証拠です。

apache testing

 

シンボリックリンクを貼る

実は、Vagrantfileが置かれているフォルダが仮想マシンとホスト間で共有されてます。

Apacheサーバー機能の移行

このフォルダに/var/www/htmlのシンボリックリンクを貼ることで、PHPファイルやWordPressのファイルなどを、ホストPCから自由に編集できるようになります。

開発のしやすさが段違いなので、忘れずに設定を行います。

 

まず/var/www/html内の中身を削除します。

$ sudo rm -rf /var/www/html

 

次にシンボリックリンクを貼ります。

$ sudo ln -fs /vagrant /var/www/html

「/vagrant」はデフォルトの共有ディレクトリで、Vagrantfileが置かれている場所です。

 

下記コマンドでちゃんとリンクが貼られているか確認します。

$ ls /var/www/html

apache testing2

 

まとめ

 

Apacheのインストールと設定が完了しました!やったね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*