Pythonでオブジェクトが持っている属性のリストを返すdir()メソッドが便利

Pythonのオブジェクトが持っている属性(アトリビュート)を見たい時がたまにあります。標準ライブラリにdir()という組み込み関数がありまして、それを使うことで属性の一覧を確認することができます。

dir()の実践

例えばrequests.get()で拾ってきたオブジェクトの属性一覧↓

import requests
r = requests.get('https://google.com')
dir(r)

# ↓出力結果
>>> dir(r)
['__attrs__', '__bool__', '__class__', '__delattr__', '__dict__', '__dir__', '__doc__', '__enter__', '__eq__', '__exit__', '__format__', '__ge__', '__getattribute__', '__getstate__', '__gt__', '__hash__', '__init__', '__init_subclass__', '__iter__', '__le__', '__lt__', '__module__', '__ne__', '__new__', '__nonzero__', '__reduce__', '__reduce_ex__', '__repr__', '__setattr__', '__setstate__', '__sizeof__', '__str__', '__subclasshook__', '__weakref__', '_content', '_content_consumed', '_next', 'apparent_encoding', 'close', 'connection', 'content', 'cookies', 'elapsed', 'encoding', 'headers', 'history', 'is_permanent_redirect', 'is_redirect', 'iter_content', 'iter_lines', 'json', 'links', 'next', 'ok', 'raise_for_status', 'raw', 'reason', 'request', 'status_code', 'text', 'url']

属性をど忘れした時に手軽にチェックできて便利です。

まとめ

そもそもdir()関数の存在を忘れるという事態になったためまとめました。これで一安心。やったね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください