はいは〜い久しぶりにプログラミングっぽいことしました〜₍₍ ◝(・ω・)◟ ⁾⁾フッフゥ~!

さて、このブログは投稿してから3日以内の新着記事に「New」というリボンをつけています。

こんなの↓

 

WordPressのdate関数を使って簡単に実装できるのですが、忘れないようにメモしま〜す。

 

WordPressのdate関数を使って日付を取得する

次の二つの日付関数を使います。

date_i18n();
get_the_time();

両方ともWordPressの関数。

 

詳細は下記URLを参照してください。

参考URL:https://wpdocs.osdn.jp/%E9%96%A2%E6%95%B0%E3%83%AA%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B9/date_i18n

 

PHPのdate関数を利用した条件分岐プログラム

Hodalogでは下記のように条件分岐させました。

<?php
  $days = 3; // 「New」を表示させたい日数。一週間にしたい場合は7にする。
  $today = date_i18n( 'U' ); // Unix Epoch(1970年1月1日0時0分0秒) からの現日時を取得。
  $entry = get_the_time( 'U' ); // Unix Epochから、記事の投稿日時までの時間を取得
  $kiji = date( 'U',($today - $entry))/ 86400; // 投稿してからの経過日数を計算。86400秒=60秒×60分×24時間=1日
  if ( $kiji < $days ): ?>
  <p class="ribbon">
    New!
  </p>
<?php endif; ?>

 

date_i18n( ‘U’ )のUは、Unix Epochの頭文字です。

そこら辺のルールはPHPの決まりごとに乗っ取っているようです。

参考URL:http://www.php.net/manual/ja/function.date.php

 

リボンのように飾ってあげるCSS

先のコードでは、pタグで囲った文字列が出力されるだけなので、カッコよくするにはCSSで整形してあげる必要があります。

下記ページが参考になりました。

参考になったというか、ほぼそのままCSSをコピペして使用できます。

 

まとめ

date_i18n();
get_the_time();

あまり使うことはないかもしれませんが、アイディア次第でいろんなことができそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*