bootcampのwindowsでキーボードの割り当てやトラックパッドの設定変更

私は普段MacOSやLinuxで使っているのですが、再現性や対応ソフトの問題などで、稀にWindowsを使いたいケースがあります。

そこでMacbookのbootcampを使いwindowsを起動できるようにしたのですが、英数とかなキーが反応しなかったり、初期設定ではキーボードの割り当てが馴染みのない状態でした。

そのままでは非常に使いにくいため、キーボードの設定を変更。その設定手順のメモです。

Google日本語入力のインストール

まずGoogle日本語入力アプリをインストールします。

https://www.google.co.jp/ime/

半角/全角切り替え

Google日本語入力のプロパティを開き、「一般」タブ→キー設定項目の「編集」をクリック

かな英数のキーをそれぞれ下記のように割り当てます。

かな

モード入力キーコマンド
直接入力HiraganaIMEを有効化
変換前入力HiraganaIMEを有効化
変換中HiraganaIMEを有効化
入力文字なしHiraganaIMEを有効化

英数

モード入力キーコマンド
直接入力MuhenkanIMEを無効化
変換前入力MuhenkanIMEを無効化
変換中MuhenkanIMEを無効化
入力文字なしMuhenkanIMEを無効化

ctrl + space

ctrl+spaceで切り替えなんかもできます。USキーボードの場合はこの設定にします。

モード入力キーコマンド
変換前入力中Ctrl SpaceIMEを無効化
変換中Ctrl SpaceIMEを無効化
入力文字なしCtrl SpaceIMEを無効化
直接入力Ctrl SpaceIMEを有効化

かな英数が反応しない場合

私はかな英数キーが反応しないケースに遭遇しました。その場合はAppleKeyboardのドライバーを再インストールします。

Windowsサポートソフトウェアをダウンロード

下記手順でサポートソフトウェアをダウンロードします。ダウンロードしたファイルの中にApple Keyboardのドライバが入っています。

  1. 一度Windowsを終了→MacOSを起動
  2. bootcampアシスタントを起動
  3. 上部メニューからActionをクリック
  4. 「Windowsサポートソフトウェアをダウンロード」をクリック
  5. USBメモリなどを指定して保存

Apple Keyboardドライバの再インストール

MacOSを終了し、Windowsを起動してApple Keyboardのドライバを再インストールします。

途中でキーボードが使用できなくなるので、別途外付けキーボードの用意が必要です。

  1. AppleKeyboardInstaller64.exeを7-zipなどで解凍
  2. 解凍したファイル群にKeymagic64.infがあることを確認
  3. デバイスマネージャーを開く
  4. ヒューマンインターフェイスデバイスApple SPI KeyboardのドライバをKeymagic64.infに更新(この段階でキーボードが使用できなくなるので注意)
  5. Windowsを再起動
  6. 再度デバイスマネージャを開く
  7. Apple SPI Keyboardを右クリック→削除
  8. ハードウェア変更のスキャンをクリック

これで英数かなが使えるようになりました。

トラックパッドの設定

タスクバーにBoot Campコントロールパネルがあるので、それを開くとトラックパッドとキーボードのFunctionキーをよしなに設定できます。

まとめ

少し手こずりましたが、これで大分使いやすい状態になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください