Macで動画のスクリーンキャプチャを撮って.movから.gifへ変換

スライド資料やgitリポジトリのREADMEなどに、説明用の画像としてgifアニメーションを差し込みたいケースはよくあると思います。

Macでは画面の動画撮影機能が標準で備わっていて、資料の作成に便利です。

デスクトップ画面の動画撮影

shift + command + 5でデスクトップ画面の動画を撮影できます。

撮影した動画は.mov形式にて、デスクトップに自動で保存されます。

.mov→.gifへの変換

説明動画としてスライドに貼り付けたり、gitのREADMEに載せたりしたいわけですが、.mov形式だと容量が大きく、貼り付けもできません。

なので、.gif形式のアニメーションファイルに変換します。

ffmpegのインストール

動画変換にffmpegというツールがよく使われているようです。brewなら下記のコマンドでインストールできます。

brew install ffmpeg

変換方法

# ffmpeg -i 変換元ファイル -r フレームレート 変換後ファイル名
ffmpeg -i ~/Desktop/slider-demo.mov -r 10 ~/Desktop/slider-demo.gif

# サイズも変更する場合
ffmpeg -i ~/Desktop/slider-demo.mov -r 10  -vf scale=320:-1 ~/Desktop/slider-demo.gif

サイズを変更する場合は-vfオプションをつけます。scale=320:-1とすると、縦横比固定で横幅320pxにて変換してくれます。

まとめ

Macの動画撮影機能は本当に便利なのでおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください