NetlifyとRoute53のDNSレコードの設定について

技術的負債の脱却のため、これまでレガシーな環境でホスティングしていたWebサイトをNetlifyに引っ越すことにしました。

ドメインはAWSで購入し、Route53でDNSレコードの設定をしていました。Netlifyへ移行するにあたり、このドメインとRoute53のレコードをそのまま使用しています。

Netlifyのカスタムドメインの登録、およびRoute53のDNSレコードの設定についてメモします。(config.ymlを用意してコマンドラインから操作できるみたいですが、一旦GUIで、、)

Netlifyでカスタムドメインの登録

カスタムドメインの設定

GitHubとの連携とデプロイの設定を済ませたあと、カスタムドメインの登録をします。

ドメインの管理・ALIASドメインの追加

Domain managementを開き、Add domain aliasボタンを押して、ALIASのドメインを追加します。

Route53のAレコードの更新

前項で追加したALIAS用のドメインの右横にあるCheck DNS configurationをクリックし、Aレコードに設定するためのIPアドレスをメモします。

Netlifyでは設定方法としてALIASとAレコードの2種類が使えるようになっていますが、Route53は今のところAWS内のサービスのみALIASに対応しており、Netlifyなど外部のサービスに対してALIASを設定できないようでした。そのためAレコードで設定を進めます。

AWSのRoute53を開き、AレコードのIPアドレスの値を先ほどメモしたNetlifyのIPアドレスに修正し、保存します。

SSL/TLS証明書の設定

NetlifyはLet’s Encryptを使って自動でSSL/TLS証明書を設定できるので、忘れずに設定しておきます。NetlifyのDomain managementページに戻り、HTTPSの設定を進めます。

まとめ

SSL/TLS証明書をあてる際に若干サービスが利用できなくなりましたが、それ以外は瞬断も発生せず、スムーズにWebサイトの引っ越しができました。

コメントを残す

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.